【DCM 背もたれ貫通修理】


DCMの修理をお受けいたしました。


この個体の修理は背もたれのプライウッドに穴を開け
ボルトを貫通させて修理する方法となりました。

何とかオリジナルの接着のみの修理でお渡し出来ないか
施工を試みましたが、お預かりした時点で
背もたれのプライウッドが変形していて
代用品のショックマウントの接地がうまく出来ない点などがあり
ボルトを貫通しての修理でお渡ししました。
(もともと貫通修理希望でのお預かりでしたが)

この椅子は背もたれ部分を持って
動かす事も多い椅子ですので
その分背もたれへの負担が大きいですが
この修理で今後は安心してお使いいただけると思います。


修理・張替えに関しましての
お問い合わせはお気軽にどうぞ



instagram

twitter




このブログは entrance-web にて管理しています。

ご不明な点はお問い合わせください。

entrance-webでは買い取りも行っております。

お気軽にお問い合わせくださいませ。






【イームズチェア修理 / セブンチェア修理】